「考える面白さを知ろう」

前回、中学受験の算数は根本理解が重要というお話をしましたが、
本当に理解するとどういう事が起こるのでしょうか。

まず、色々な問題の公式を覚えるのではなく理解するわけですから、
公式を自分で考えだせるようになります。

実際のテストの時に、わからない問題が出て来ても、
色々な方向から考えて、正解を導き出す事もできるのです。

中学受験の算数は思考力と言われますが、
解き方は色々あって、どの方法が自分に合っているのか、
1つの方法で解けないならこの方法ではどうだろうかと考える力、
あるいは全体を見ての方針立てができる様になるわけです。

また中学受験の算数では作業力が重要と言われていますが、
書き出していくうちに規則性をみつける事もあるでしょう。

規則性を自分でみつけると言うのは、
「2+2+2+2+2+2+2+2+2+2=」を「2×10」とできる、
「1・3・5・7・9・11・・・・」と並んでいれば、その次の数字が予測できるようになる事です。

まずは、算数が面白いと感じられるようになる事が大切です。
中学受験で算数は避けて通れません。
「どうなるのだろう?」「なぜだろう?」と、まずは子どもと一緒に考えてあげましょう。

中学受験の問題は難問ばかりと言いますが、
実は子ども達に「考える」事をさせるためです。

同じ問題を数学で解くより算数で解く方が難しいと感じる人は多いでしょう。

「x」が出てきた時、「楽しいからもっとやりたい!」となるように、
考える事の楽しさを早いうちに教えてあげましょう。

「中学受験算数 根本原理の理解のために」

中学受験の算数が難しい事は知られていますが、
数多くの問題を演習するだけでは成績を上げる事はできません。

根本原理を理解する事が重要とよく言われていますが、
それも、本当に難しい問題ではなく、「簡単!!」と思うような基礎的な事からしっかりと理解している事が重要です。

そういった指導で成果を上げている「中学受験ドクター」の講師が、
中学受験算数の最近の傾向や考え方、学習方法について、
「中学受験 算数ドクター」の中で解説していたのでご紹介します。

まずは、中学受験算数は難問ぞろいだからと言ってやみくもに演習をするのではなく、勉強しているテーマのメカニズムを理解して問題演習する事だと言います。
この事を野球のバッティングに例えて、
どんなバッティングフォームが良いのか、どこの筋肉を鍛えれば良いのか考えてバッティングの練習をするのと同じように、簡単な問題を使ってメカニズムを習得してから、中学受験の進学塾で扱う難問に取り組まなければならないと言う事です。

「中学受験 算数ドクター」では「濃度」「割合と比」「文章題と比」「速さと比」「平面図形と比」「立体図形と比」など、中学受験算数の単元を取り上げ、学習方法について解説しています。

解説のPDFがダウンロードでき、動画も見る事ができるのでチェックしてほしいです。

無料会員になればより多くの動画を見る事ができます。

また、中学受験算数では必須の図形のポイント集も載せられているので、根本原理を理解する時、助けになるのではないでしょうか。

「中学受験算数の勉強方法を見直そう!」

今回は、中学受験情報局の主任相談員である辻義夫氏のブログから、
結果を出す勉強法について調べてみました。

もうすぐ夏休み、中学受験を考える生徒にとって夏休みは成績を上げるチャンスです。

ただ、大きな差がついてしまう可能性もある夏休みでもあるわけです。

これは、夏休みの間勉強したかしないかの差ではありません。

高校受験や大学受験に関しては別ですが、中学受験する生徒のほとんどが進学塾に通っています。

そのため、夏休みも夏期講習に参加する場合が多く、
勉強時間についてはあまり差がないわけです。

もちろん家庭学習の時間に多少の差はあるわけですが、
成績が上がらないと悩んでいる人の多くは、これ以上勉強する時間がないと考えているくらいなのです。

つまり、中学受験でライバルに差をつけるには時間ではないのです。

特にそれが現れるのが算数です。

中学受験の算数では演習が家庭学習の中心になるでしょう。
そのため絶対的な演習量が足りない場合は別としても、
多くはそのやり方で差がついているのです。

頑張っているのに結果が出ないと感じているなら自分の勉強を変えなければいけないと辻先生はおっしゃいます。

これは保護者が注意しなければならない事ですが、
算数の宿題を何度も繰り返しさせる・・
よくある事です。

中学受験の算数では難しい問題が多いのですが、
繰り返す事によって解き方を丸暗記する事が習慣になっている人も多いそうです。

ただ、高学年になって問題が複雑になると丸暗記では対応できないのです。
解き方の理由まで考えて覚える、つまり基本をしっかりと理解する覚え方をする事によって、後で差が出てくるそうです。

「中学受験算数が得意な子って?」

中学受験の算数では実に多くの単元が出題されます。

その中でも図形と特殊算は頻出です。

中学受験の算数を勉強する時、志望校の過去問を分析しどのような問題がどういった形で出されているかをしっかりと知る事が重要です。

中学受験の科目の中でも算数は特に重要です。
中学受験での難易度の差は、算数の問題のレベル差だとも言われています。

特に男子校においては超難関校と難関校では確実にその問題のレベルが違うのです。

当然、どの受験生も算数に力を入れているのですが、
苦手な子とそうでない子がいるわけです。

中学受験では、公式が重要ですが実は丸暗記ではなく理解する事が重要です。

中学受験では思考力が重要で、基礎・基本の根本理解が重要と言われるのはそのためですが、
算数が得意な子と言うのは、こういった公式を覚えていなくても問題を解く事ができます。

この理由は、公式がどうしてできるかと言う事を理解しているからで、
公式を自分で作れるからです。

また、問題は一つの解法だけではありません。

自分が考えたやり方で解けない場合、他の方法で解くと言った事も重要になって来るのです。

解けないからと言ってあきらめない心や、公式を自分で作って行く、手を動かして考える作業力が重要になって来るのです。

それに対し苦手な子と言うのは、公式だけ覚えて理解していないため、
公式を忘れたり、どの公式を使って良いかわからなくなってしまったりすると太刀打ちできなくなってしまうのです。

解法を導き出せる力が重要なのです。

「Z会 図形難問対策」

前回、中学受験の算数では図形対策が重要と言う事をお話しましたが、
今回は、Z会の中学受験算数の図形対策講座についてお話ししましょう。

Z会の「中学受験コース6年生専科 受験重点演習」です。

中学受験の算数で頻出と言えば図形以外に特殊算や割合などについてもあるのですが、
対策が立てにくいのはやはり図形でしょう。
算数以外にも国語の「超長文対策」や「難関記述対策」や理科、社会についての講座もありますが、算数に関しては図形対策のみで、「立体図形難問対策」「平面図形難問対策」です。

この講座は、中学受験で頻出の図形の難問を短期集中で対策する各講座とも全3回の講座で、1講座から受講でき、両講座とも基本料金が4626円、教材料金が5862円で、ひと月当たり3496円、3ヶ月で10488円となります。
立体図形をイメージすると言うのは実は子どもにとっては大変難しい事です。

発達の段階で4年生の頃から具体的思考から抽象的思考ができる様になると言われていますがそれも個人差があります。

ただこう言った思考力が中学受験、特に中学受験の算数では必要なのです。

立体図形では、立方体の積み上げや光をあてた時の影の様子など立体を多角的にとらえる力が必要です。

「立体図形難問対策」では立体図形をイメージする力を伸ばす講座で様々なパターンの問題演習を行います。

「平面図形難問対策」では、「ひらめき」を生み出す良質な問題演習を行い、
平面図形に対する確かな発想力を身につけます。

中学受験対策は算数図形

中学受験の算数対策は図形対策であると言う事が、「中学受験専門 家庭教師ドクター」のサイトに書かれていました。

確かに中学入試の算数において図形は超頻出問題です。

ただ、中学受験の算数と言う事で考えれば特殊算も色々あるし・・・
と考えるわけですが、ドクターに書かれている事を読むと、
中学受験対策はまず算数、そして算数対策は図形と言う事なのです。

つまり中学受験では図形対策と言う事になるわけです。
では、なぜ図形なのでしょうか。
これは確実に点数の取れる学習法があるからだと言う事です。

確かに、中学受験では「合格」が最重要課題です。
合格答案を作る事が重要で、そのためには点数を取る事が重要なのです。

よく、中学受験で穴を作ってはいけないと言われるのも、
確実に点の取れるところで落とすようだと、
いくら得意科目があっても合格できないと言う事になるからです。
さて、どうして図形は点数が取れるのでしょうか。

これは1時間の学習あたりの成績伸び率(限界得点力)が高いのが図形であるからと言う事です。

図形対策をすれば、12月末から2月の入試までの1ヶ月間で偏差値5~10くらい上げる事も可能だと言う事です。

ドクターでは図形の偏差値20アップ学習法という記事も書かれています。
中学入試において角度の問題は8割が「1外角 2錯覚 3二等辺三角形」で、
これを知って日々の演習をする事でより効率的な勉強ができると言います。

つまり、勉強もむやみやたらにやっていたのではダメだと言う事です。
焦点を絞った学習が必要なのですね。

「偏差値60の壁」

今回は家庭教師の一橋セイシン会の「中学受験算数専門サイト」から、
算数の成績を上げる方法を探ってみたいと思います。

中学受験の算数は難しいと言われ、その対策は学校別対策は必須と言われています。
そのため学校対策はもちろんの事、志望校の問題の特徴を知った上で単元別対策を行う必要があります。

また、これはよく言われている事ですが、中学受験のために進学塾で勉強しているのなら、まずはその塾対策が最重要課題なのです。

一橋セイシン会のサイトでは単元別対策や進学塾別の算数対策や状況・悩み別相談の他偏差値別相談も用意されています。

偏差値別について見てみると、中学受験では偏差値のレベルで勉強法が変わって来ると言うのです。

中学受験で難関校を目指すには偏差値60が必要ですが、
偏差値40から50では理解力にあまり差がない物の、
偏差値60になると一気に変わってくるそうです。

つまり中学受験、特に算数では偏差値60を超えると俄然合格可能性が高くなるのです。
中学受験の算数では、基礎基本、根本原理をしっかりと理解している事が重要ですが、
偏差値60はそれができていると言う事なのです。

例題を暗記しているのではなく、根本原理を理解しているから応用がきくのです。

一橋セイシン会のこのサイトには、偏差値60以上の生徒は、算数の授業が終わった後質問が多い傾向にあるそうで、
これは「どうしてこうなるのか」「問題文のニュアンスが変わればどうなるのか」などの疑問が湧いてくるからで、その事により算数の問題の本質や考え方を自分なりにしっかりと理解できると言う事です。

「駒場東邦の入試対策」

新年あけましておめでとうございます。

中学受験は先月から始まり、今月から来月に集中しています。

さて、中学受験では算数がやはりポイントとなると言われており、特に難関校の中学受験は算数に力を入れなければならないと言われています。

さて、今回は駒場東邦の受験について考えてみたいと思います。
駒場東邦は男子校の中では特に国語の入試が難しい事で知られています。

「中学受験鉄人会」のサイトにある駒場東邦対策について見てみると、
駒場東邦は国語の長文と難問で有名ですが受験生の層も狭く開成と同じような受験と考えるべきだと書かれていました。

開成と言えば超難関校で、算数、国語とも難しいと言われますが、
各塾のトップ層が競争相手となるため最も対策に力を入れる必要があるのが算数と言う事です。

駒場東邦の算数は、論証を重視したり図形に偏ったりやや極端な出題になる事もあるそうですから、当たりはずれが大きく出てしまう事に特徴があるそうです。

一般的に中学受験では苦手を作ってはいけないと言われていますが、
駒場東邦の場合国語が苦手なら社会を得意科目にする方法もあるそうです。

では算数が苦手な場合はどうすれば良いでしょうか。

駒場東邦の算数問題は中学受験特に男子校で典型的なパターンの図形が過半数近くなる形です。
作図問題にはしっかりとした対策が必要で、かなり練られた問題が出題されるので、
しっかり力をつける必要があるようです。

算数が苦手な人の場合、図形は頻出ですからもちろんですが規則性と場合の数は得点できる可能性が高いので応用レベルまで引き上げる必要があるそうです。

「中学受験の算数は図形!」

 

中学受験の進学塾では算数に力を入れているところが多いわけですが、
算数のどこに力を入れる事が良いのでしょうか。

どうやって点数をとるのかと言う事も重要ですが、
どの分野に力を入れるのかと言う事も大切です。

中学受験では穴を作らないと言う事は鉄則ですが、
得意な部分はどんどん伸ばすべきですし、
頻出の単元はきっちりと抑えておくべきでしょう。
今回は、そういった中学受験の算数ではどういったところに力を入れれば良いのかを「中学受験家庭教師ドクター」のホームページから見てみましょう。

その中には「『中学受験対策』とは=『算数対策』であり=『図形対策』である!」とあります。
つまり中学受験の算数対策には、まず「図形」だと言う事なのです。

 

まず「頻出」、というより必ず出題される図形はやるべきなのはわかります。
難関中として有名な麻布中学ではほぼ半分が図形の出題と言う事もあったそうですし、
全中学を見ても3割~4割くらいが図形からの出題となっているそうです。

そして図形には「点の取れる効率的な学習方法という物が確実にある」と言う事なのです。

中学受験では良い勉強×時間で合格が決まるわけですが、
図形対策で12月末~2月(入試)の1ヶ月で偏差値を5~10上げる事も可能なのだそうで、
入試には「出る図形パターン」という物があり、それが手を変え品を変えして出題されるので、
この「出る出題パターン」覚えておき問題にあたる時に常に意識すると言った対策を行ったそうです。

 

「秘伝の算数 応用編・発展編」

 

 

前回ご紹介した中学受験算数の参考書「秘伝の算数 入門編」の続き、今回は「秘伝の算数 応用編(5・6年生用)」「秘伝の算数 発展編(6年生・受験用)」を見てみましょう。

このシリーズは中学受験算数を基礎から学べるものですが、
応用編や発展編から始めるとかなり難しくわかりにくい内容になっています。

内容も入門編から応用編、そして発展編という流れになっていますので、
できれば入門編から勉強する方が良いでしょう。

また、中学受験の算数を初めて勉強すると言う人にとっても応用編、発展編は難解です。
特に言葉の使い方など、大人には面白いのですが、子どもには難しいと言う意見も多いようです。
ただ、中学受験をする子どもの算数を教えてあげようと思う保護者にとってはとても便利な参考書となるのではないでしょうか。

前回お話したように中学受験の算数は色々な単元の内容が重なって問題が作られています。
そのため、一つ一つをきちんと理解している事が重要なのです。

さて、応用編になると、「数の世界」では、「素因数」や「場合わけの技法」について出てきます。
図形はわかりにくい内容を「タイルで遊ぼう(平面図形のパズル)」、「サイコロで遊ぼう」と言った内容で楽しく学べるようになっています。
文章題では「差を集めて解く」「売買の応用問題」等が出てきます。

受験用の発展編では中学入試にそのまま使える形となっています。

整数については、「規則性」や「場合の数を極める」といった内容、
図形や文章題について見てみると、比や相似、図形の平行移動、回転移動、切断等、点の移動、反射と移動範囲など、相当算を比で解く、仕事算とニュートン算などの内容です。

 

1 2 3